無香料、無着色、余計なものはいらない!

香料、合成着色料なんていらない!

良い香りがしたり、好ましい色がついていることで、購買意識をそそる商品が、とくに高度成長期などに多く生まれました。シャンプーや化粧水、そして入浴剤など、特にバストイレタリー商品については、高級感のある香りや色が、それだけ商品の高級感に繋がったものです。

 

しかし、最近の傾向では、そうした余計なものを含まない化粧品やバストイレタリー商品が増えています。アレルギーに敏感になっているいまの人々のリクエストにあわせていますし、本当に原料にこだわっている人は、自分で手作り化粧品を作っている人もいます。そのほうが、なかに何が入っているか分かって安心ですし、その上自分が普段使っているデオドラントや香水と匂いがかぶることがないからです。

 

もともと香料と合成着色料は、その商品自体のクオリティとは全く関係がありません。こうしたものを使わなければ、化粧品自体のコストを下げることができますし、肌の弱い人でも肌に優しい刺激のすくない化粧品を作ることができます。ライスフォースが目指しているのは、まさにそこなのです。品質、つまり中身にこだわって、余計なものをいれないで、充実した商品展開をしています。もし肌が弱い人でも保湿にこだわりたい人でも、それぞれの問題を解決する結果が得られるのではないでしょうか。


関連サイト